2011年03月24日

東日本大震災A

こんばんわ!
昨日の夜に気仙沼から青森に帰着しました。

ホントにハードだった…

まず、日曜日に課長から青森に帰ってこいと言われたんで、急遽青森へ。
ガソリンは満タンにしていたので給油することなく帰着できました!
国道4号線を通ったので、途中栗原市や一関市を経由したんですが、倒壊している家や、断裂している道路などたくさんあった!

古川もひどいけど、震度7を喰らった栗原市はもっとひどかったかな。
ニュースでは、沿岸の津波の被害受けた地域と原発しか報道しないけど、内陸の地震本来の被害を受けた地域についても取り上げてほしい。

約10時間かけて寮に到着!エコドライブを心がけて運転してたらなんと720km走って燃費は、16.7km/l!!!
奇跡!! STREAMの公称だと15.7km/lで、今回の燃費は高速道路を走った時並の燃費!!
頑張った我が愛車!!!


で、次の日は祝日だけど7:30に出勤。
駆けつけ先は、気仙沼市鹿折地区。
津波の被害がひどかった地域です。
東北電力気仙沼支店にいる同級生の話では壊滅してるとのこと…

気が重い。

緊急車両の認可を受けているので、一関ICまで高速道路を走った。
道路は、被災地に近づくにつれてどんどん悪くなっていった。

そして、現場に到着!!

町は、悲惨だった。

RIMG1723.JPG

RIMG1756.JPG

RIMG1721.JPG

RIMG1793.JPG

RIMG1797.JPG



毎日のように、テレビで被災地の映像を見てきたけど、正直言葉にならなかった。

田んぼの真ん中に漁船。

家の屋根にドラム缶。

街路樹のてっぺんに引っかかった衣服。

これらが津波の恐ろしさを物語っています。

写真を撮りながら歩いたけど、本当に悲しくなってきた。

今回の震災の一番恐ろしかったものが分かった気がする。


そして、現地で二日間滞在していた先輩社員と交代して電話交換所で2泊3日。
もちろん、停電しているので周りは真っ暗。
夜は寝袋に包まって寝ます。

電話交換所が停電したらその地域の方々の固定電話やインターネットが使えなくなるので、電源車で交換所だけは電気が通ってます。

なので、ポットや電子レンジを持ち込み食事は「サトウのごはん」+「カップ麺」+「サバ味噌の缶詰」

これでも、避難所にいる方や地域の方々よりはだいぶいい食事。
それなのに、毎日近所の方や、避難所の方が…

「あなた方のおかげで電話が使えるんで、よかったら食べてください。」

「あなたたち電話会社さんのおかげで家族と連絡がとれました。ありがとうございます」

と言って、オニギリや漬物を差し入れしてくれるんです…
中には、新潟からの支援物資を我々にくれる方も。

本当にありがたい。この仕事をしてて本当によかったと心から思った。


ただでさえ食料が足りない時なのに、自分らの心配してくれる住民の方々。
本当にありがとうございます!!!

こんな悲惨な状況でも、明るく自分らに話しかけてくれる近所の方々。
前を通るたびに「ありがとうございます」と言ってくれる方々。

日本人って、本当に暖かく、強いんだなと思いました!!


27日の日曜日に、交代要員としてまた気仙沼に向かいます!!

少しでも被災地の方々の力になれるよう頑張ってきます。

posted by hiro@RN6 at 20:44| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。

ホント被害の大きい被災地の写真を見ると何も言えませんね…
Posted by ち at 2011年03月24日 21:18
ちえちゃん>>
ありがとう!!
ほんと、歩いてて辛くなるような光景しかなかったなー。
Posted by hiroki at 2011年03月26日 18:50
最近一部で話題になっているロケーションベースのソーシャル・ネットワーキング・サービス。まだまだ日本では浸透していませんがTwitterの次にくるのはこのフォースクエアで間違いありません!
Posted by フォースクエア at 2011年06月28日 15:32
あなたは玉の輿乗れるのか!?あなたの玉の輿度を今すぐチェック!玉の輿に乗るためのテクニックや秘訣をあなただけにこっそりアドバイス!ここに来れば玉の輿はもう目の前に!!
Posted by 玉の輿 at 2011年08月15日 03:34
面白い診断サイト発見!この診断は、あなたが金儲けに向いているかをチェックする診断サイトなんだってw簡単な質問に答えていくだけなんだけどこれが意外と当たるんだわw
Posted by 金儲け at 2011年08月30日 16:28
三冠牝馬誕生なるか!第15回 秋華賞!!コースが複雑なため、たとえ強豪馬であっても逆転できない状況がしばしば見られる秋華賞。予想は困難を極めますが、過去のデータを分析していくと面白いことになるかも?
Posted by 秋華賞 at 2011年10月04日 14:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。